困っていることと生命保険
ホーム > > 整骨院の先生のハンドパワー

整骨院の先生のハンドパワー

化粧品の接客販売業を行っているのですが、立ち仕事が多いせいか腰が痛くなり、はじめて整骨院に行きました。

そこの整骨院は内科医の免許も持っている先生が経営しており、内科兼整骨院という珍しい病院でした。 不調の詳細をお伝えしたところ、横になるよう言われ、仰向けになり、左右の足を片足ずつ天井に上げるような形で動かしていました。

すると左の足が右と比べると全然上がらないのです。先生曰く、体の重心が左全体にのしかかるような姿勢になっており、「歪み」が生じているとのことでした。

改めて考えてみると確かにカバンは左側ばかりで持ってしまいますし、仕事で立っているときも左足に重心を置いているなと気づきました。

そしてその歪みが腰痛につながっているとのことで、簡単な整骨マッサージをしてもらい、再度左右の足を上げてみると同じくらい上に上がるようになっていました。

職人技だなと感激しました。そして普段の意識で腰痛が起こらなくなるなら、しっかり気をつけないといけないと感じました。

整骨院での治療に関してはこちら→むちうち症状期間mk22|完治を目指す!どのくらいかかるの?で詳しく紹介しています。